細菌性胃腸炎の潜伏期間

細菌性胃腸炎は細菌感染による食中毒が原因となります。細菌の種類により原因となる食品と潜伏期間を詳しく説明します。毒素型の黄色ブドウ球菌はおにぎりやサンドイッチ等で潜伏期間は1~5時間、ボツリヌス菌は缶詰・瓶詰やハム・ソーセージ等で潜伏期間は12~36時間で乳児の感染は特に注意が必要です。感染型の腸炎ビブリオは魚介類で潜伏期間は6~12時間、サルモネラは鶏卵や鳥肉等で潜伏期間は12~48時間、カンピロバクターは食肉や井戸水等で潜伏期間は2~11日です。

ほとんどが腹痛、発熱、血便で始まります。細菌性の胃腸炎は腹痛が比較的強く、腸の動きが悪くなって腹部が膨満(ぼうまん)することもあります(麻痺性(まひせい)イレウス)。発熱は細菌感染に伴って持続します。嘔吐も現れますが、ウイルス感染によるものより比較的遅れて出現します。 便には血液、粘液、うみなどが混じります。腸管出血性(ちょうかんしゅっけつせい)大腸菌による下痢では、水様便に引き続き血便となります。

家庭での予防は、食品を購入するときは新鮮な物を購入して持ち帰ったらすぐに冷蔵庫に入れ、キッチンは日常的に掃除してタオルやふきんは頻繁に交換を行い清潔にします。食品の調理の前には、必ず手洗いを行い途中で生の肉や魚を調理した後には手を洗うことが大切です。また、生肉や魚を調理したときに使用したまな板や包丁は丁寧に洗うか、別々のまな板や包丁を用意して使い分けることが勧められます。