急性胃腸炎の食事療法

急性胃腸炎の原因はだいたいストレス、細菌、またウイルスの感染という三つです。主にウイルスや細菌が胃や腸へ感染するが原因だそうですが、感染以外にも刺激の強い食事や、食べすぎ飲みすぎなどによって起こったり、鎮痛剤や抗生物質などの副作用、日常のストレスも急性胃腸炎の引き金となると言われています。急性胃腸炎の緊急対処法は水分の摂取で、また続けると、ビタミンの摂取、ストレスを解消すること、食事を控えること、また胃腸薬を服用することを通して、急性胃腸炎を改善することができます。

胃腸にいい食べ物
嘔吐・下痢などが続く胃腸炎、胃もたれ、胸やけなどになってしまった場合は、出来る限り胃腸に負担のかからない食事をとる必要があります。急性胃腸炎の場合、胃腸がすごく弱いですから、温かい食べ物を食べたほうがいいと考えられています。それらの食べ物は胃に負担をかけず体温も上昇し改善が早まるそうです。また、胃腸に負担をかけない為に、食材は繊維を細かく切り、よく火を通しましょう!お粥やうどん、クタクタに煮た野菜スープなどが特におすすめです。胃腸状態が回復している間、一度にたくさん食べずに、少量ずつ小分けに食べるようにしましょう。

急性胃腸炎に悪い食物
胃腸炎の症状がおさまり、食欲も少しずつ湧いてくるとは思いますが、暴飲暴食は避けてください(腸の機能が衰えているのでまた嘔吐しかねません)。また、胃腸を刺激する飲み物・食べ物は避ける必要があります。主に冷たいものと脂っこいもの、例えば、天ぷらや唐揚げなどの揚げ物、スナック菓子、ラーメン、生クリームたっぷりなケーキなどの洋菓子、焼肉等は食べない方が良いでしょう。もし、回復期になってお肉などを食べたいのであれば、揚げ物ではなく、蒸した鶏肉などから食べ始めると良いでしょう。