急性胃腸炎の表現

急性胃腸炎とは

急性胃腸炎は、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群です。食品などの原因物質や感染経路が明らかな場合がありますが、不明な場合も多いと認められています。急性胃腸炎の原因はだいたいストレス、細菌、またウイルスの感染という三つです。急性胃腸炎になったら、一般的に突然の嘔吐や下痢という表現があります。

 

急性胃腸炎の表現

軽い急性胃腸炎の場合、一般的に嘔吐や下痢という症状があります。2〜3日ぐらい経て、症状が緩やかになりまりが、重症化すると血液が混入した、あるいは膿性(の下痢便、発熱、腹痛などを伴い、ショック症状(血圧低下、意識障害など)を起こすことがあります。ウイルス性の場合は、水様性の下痢便が特徴です。ひどい急性胃腸炎のときは1週間以上と長引いてしまう場合もあるようです。急性胃腸炎の場合は食べたら吐き出すという繰り返しが症状なので、本当にひどい症状と感じた場合は何も食べないほうがいいと考えられています。

 

急性胃腸炎の対策

急性胃腸炎の場合、脱水症状を起こさないためにも、身体への吸収が良いスポーツドリンクか水を飲むことは大切です。また、下痢止め、吐き気止めは飲まないことを注意してください。症状が落ち着いたあと、いつも通りの食事を摂るのはダメです。また、脂っぽい食べ物は下痢を引き起こす原因になるので、そういう食品を避けたほうがいいと認められています。