急性胃腸炎の治療薬

急性胃腸炎は普通にストレス性胃腸炎、細菌性の急性胃腸炎、ウイルス性の急性胃腸炎という三種類があります。病原体が付着した手で口に触れることによる感染、汚染された食品を食べることによる感染があります。普通の場合、水分とビタミンの摂取、ストレスを解消すること、食事を控えることで、急性胃腸炎の症状を改善することができます。ひどい場合なら、急性胃腸炎の治療薬を服用しなければなりません。

急性胃腸炎でウィルス等感染性か不明な状態でロペラミドの服用がおすすめです。身体の恒常性維持作用として大腸が病原性微生物や有害物質、老廃物を可及的速やかに体外に排出しようとする作用が下痢です。しかるに脱水状態を懸念される場合はありますが下痢症状を止める医師はおりません。現時点ではアドソルビンが入って一包化されているラックビーのみが有用な処方薬です。

急性胃腸炎の下痢や嘔吐を治すのに、市販薬を飲むことはお勧めできません。まず病院へ行って、下痢や嘔吐の原因を診断してもらいましょう。下痢止めや吐き気止めをむやみに使うと、身体の中の毒の排出を妨げてしまうので、かえってよくありません。必ず病院の医師の処方を受けて、薬を飲みましょう。また、感染症の予防には、手洗いを徹底することが大切です。食事前は当然ですが、排便後も石鹸などで手洗いの励行が大事になります。その際に気を付けることに、手洗いタオルの共用は避けることが挙げられます。また、糞便、嘔吐物の処理を迅速に進めなければなりません。