急性胃腸炎の基本情報紹介

急性胃腸炎とは
急性胃腸炎は、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群です。食品などの原因物質や感染経路が明らかな場合がありますが、不明な場合も多いと認められています。一般的な表現は突然の嘔吐や下痢を伴う病気で、一過性のものをいいます。嘔吐の場合、胃炎になる可能性が高い、下痢は普通の腸炎の症状と認められています。

急性胃腸炎の原因
急性胃腸炎の原因はだいたいストレス、細菌、またウイルスの感染という三つです。急性胃腸炎になったら、一般的に突然の嘔吐や下痢という表現があります。

急性胃腸炎の改善対策
(1)水分を摂る
下痢や嘔吐を繰り返すことで、体内の水分が排出されます。脱水症状を起こさないためにも、身体への吸収が良いスポーツドリンクか水を飲むようにしましょう。吐き気が酷くて水分を摂れないというときは、病院で適切な治療を受けてください。
(2)胃腸薬を服用、でも下痢止め、吐き気止めは飲まない
急性胃腸炎のときの下痢や嘔吐は、有害なものを体外に排出しようとする身体が持つ防衛反応です。胃腸薬を利用することが必要ですが、急性胃腸炎の場合、下痢止め、吐き気止めは飲まないことを注意してください。下痢止めや吐き気止めを服用すると、反対に症状を長引かせることになってしまいます。自分がわからないとき、お医者さんと相談してください。
(3)食事を控える
下痢や嘔吐は1日~2日ほどで治まるのが一般的ですが、症状が落ち着いたからといっていつも通りの食事を摂るのはダメです。また、脂っぽい食べ物は下痢を引き起こす原因になるので、そういう食品を避けたほうがいいと認められています。
(4)ストレスを解消
ストレス胃腸炎の改善について、普段の生活でストレスを解消する必要があります。それで、ストレスを解消する方法を求めることが大切と思われています。