急性胃腸炎とストレスはどんな関係がありますか?

急性胃腸炎の感染経路

急性胃腸炎は主に微生物やその毒素によって起こる感染症です。通常、急に嘔吐や下痢などの症状が激しく現れてくる場合、急性胃腸炎にかかる可能性が高いと認められています。急性胃腸炎には、食品などの原因物質や感染経路が明らかな場合がありますが、不明な場合も少なくありません。特に外出や旅行先で食材や飲み水で感染するケースが多いです。ほかには、ペットなどから感染することもあります。

急性胃腸炎とストレスの関係

急性胃腸炎というと、ウイルスと細菌により急性に発症する病気ですが、ストレスで起こることもあると言われています。急性胃腸炎とストレスの関係について、主に以下の両方から考えられています。一つは、人間はストレスを感じると脳が刺激され、その刺激が自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になりますが、この時、胃が必要量以上の胃酸を出してしまうため、胃粘膜が荒れてしまいます。それによって普段であれば問題ない食べ物やアルコールなどを摂取した時に、弱った胃粘膜が破壊され胃腸炎を引き起こしやすいのです。

もう一つは、仕事や生活からの重いストレスを負う場合、やる気がない、イライラなどの精神上の症状が現れてくるほかには、体の免疫力が低下することになってしまいます。免疫力が低下すると、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物と感知し、攻撃・排除する働きが弱くなることができます。それで、細菌やウイルスを侵入し、増殖させやすくなって急性胃腸炎が起こります。